神戸元町 放香堂加琲

オンラインショップ

味わい深い、石臼挽きコーヒー 放香堂加琲

放香堂加琲の看板メニュー「明治復刻コーヒー 麟太郎」

私ども放香堂珈琲は、日本最古のコーヒー店としてコンサイスカタカナ辞典の「コーヒー」と「カフェ」のそれぞれの語句説明文内にて紹介されています。
また、東京書籍 文科省公認の中学歴史の教科書の中にも紹介されています。

コーヒー豆

「印度産 加琲 放香堂」の看板

明治15年発刊の「豪商神兵湊の魁 ごうしょうしんぺいみなとのさきがけ」という当時の神戸商人たちの店の様子を描いた木版画があります。(木版画は、現在神戸市立博物館に展示されており、一般に公開されています。)

この中に当時の放香堂が描かれていますが、「印度産 加琲 放香堂」という看板が店前に飾られています。よって忠実に再現するため、当店の看板メニューのコーヒーにはインド産の豆を使用することにいたしました。インド産のアラビカ種のみでブレンドした、純インドブレンドコーヒーです。インドのコーヒー豆はあまり日本では流通していない希少な豆です。

麟太郎の由来

私どもの神戸は、神戸港の発展と共に栄えてきました。その神戸港の礎を作ったのが、かの有名な幕臣 勝海舟です。神戸の土地が港をつくるうえで大変都合の良いことを見抜き、幕府に対して進言しそれが認められたのです。実は神戸の発展に大きく貢献した人物である勝海舟。その勝海舟の通称が「勝 麟太郎」でした。神戸港がなければ入ってこなかったであろうコーヒー豆。勝海舟「勝 麟太郎」とコーヒー豆の意外な縁を感じ、当店の看板メニューである明治復刻コーヒーにその名を冠したのです。

焙煎

明治11年当時、放香堂が読売新聞に「焦製飲料コフィー店内にてお求め、或いは飲用自由」の広告を掲載しました。「焦製飲料」というほどに焦げた飲み物・・と当時の人々は感じたのでしょう。コーヒー豆は浅い焙煎のものより深く焙煎したものの方が挽きやすいのですが、おそらくコーヒーミルなどない時代挽きやすいようにさぞかし深く煎ったものと考えられます。よって〈麟太郎〉も当然深煎り焙煎にし酸味の少ないタイプに仕上げています。

挽き方

明治初期、ヨーロッパ諸国にはコーヒーミルは既に存在していましたが、放香堂にそれらミルが伝わっていたかは残念ながら記録にはありません。放香堂ではお椀型の臼や薬研を使って挽いていたと伝えられています。

そこでわたしどもは特に臼で挽く事に注目し、石臼を現代風にアレンジすることにチャレンジいたしました。抹茶を石臼で挽くがごとくコーヒー豆を石臼でゴリゴリと挽くイメージです。
しかし簡単にはいきませんでした。抹茶石臼とはそもそも目立てが違い、しかもコーヒー豆を挽くには上下の石の重さのバランスも全くあわなかったのです。

約半年の試行錯誤の結果、コーヒー豆専用石臼が完成いたしました。石臼は挽くときに「熱」を発生させず、コーヒー豆本来の風味や香りを大切に守るという長所を持っています。
また、電動ミルと違い均一の大きさの挽き豆が出てくるわけではありません。少し粗めのものがあったり細挽きのものがあったり・・・実はこれも石臼挽きのもう一つの大きなアピールポイントなのです。

単純に焙煎度合いを考慮せずにいえば、粗めの豆ならあっさりめ。細かめの豆なら苦めのコーヒーといえるのですが通常の電動ミルなら当然ながらいずれかにしか挽くことは出来ません。
それに対して私どもの石臼挽きコーヒーは粗めと細かめの両方の豆がブレンドされているのです。それにより一本調子ではない深い味わいのコーヒー豆が出来上がります。味の均一化とは対極の「ゆとり」としてどうぞ石臼挽きのコーヒー豆をお楽しみ下さいませ。

抽出

明治時代にペーパードリップは当然ながら存在せず、トルコのコーヒーのようにコーヒー豆を煮出してその上澄みを飲んでいたようです。
この抽出法は現代でいうところの、フレンチプレス(カフェプレス)での抽出が当てはまります。 当店においてもフレンチプレスにて抽出を行い、お客様におだししております。スペシャリティコーヒーのカップ検査においてもこの方法が用いられるほどコーヒー豆の本来の風味やコクを味わうことが出来ます。
神戸・元町の放香堂加琲の店舗にこの石臼は設置されており、毎日スタッフによりゴリゴリと豆が挽かれ、道行く人々が足を止める光景がみられます。

「明治復刻石臼コーヒー 麟太郎」をオーダーされたお客様にこの挽きたての豆を使用したコーヒーを提供させていただいております。

こうして〈明治復刻石臼コーヒー 麟太郎〉が完成いたしました濃厚で苦味とコクのバランスが素晴らしいコーヒーです。
コーヒー豆での販売も神戸・元町の店舗では人気です。インド産の上質なアラビカブレンドをどうぞご自宅でお楽しみ下さい。
石臼で挽いたコーヒー豆をご自宅のペーパードリップやフレンチプレスでお楽しみいただくこともおすすめです。

 

石臼挽コーヒー

専用石臼で挽いた厳選コーヒー豆を全国にお届けします!!

石臼挽き珈琲の温度と香り 石臼挽きコーヒー豆の粒度

まずコーヒー豆をお選びいただき、豆のままか石臼挽きかをお選びくださいませ。石臼挽きの場合は、ご注文後に挽いたものをすぐに発送いたします。

1.温度と香り

電動ミルを使用した場合、約4~5度上昇。手動ミルを使用した場合、約7~8度上昇。石臼で挽いた場合は変化なしというデータがあります。これはどういうことかといいますと、豆にストレスがかかっていないという事であり、 香りを大切にするという事に他なりません。

2.粒度

石臼挽きは電動ミルのように均等には挽けません。粗めや細かめの豆ができます。そのため深煎り焙煎の豆を使用した場合でも、細かめの豆がコクや苦味を受け持ち、荒目の豆がさっぱりさせるという、通常できないブレンドが 一回で出来上がります。 ※抽出方法はプレス式をおすすめいたします。石臼で挽いたコーヒー豆の特長を最大限に生かす にはプレス式が一番です。 また一杯で10g~12g、2人分で20gのコーヒー豆を使用していただくこともおすすめいたします。 適量の豆を使用することが、ご自宅で美味しいコーヒーをお飲みいただく大前提です。

img

麟太郎(インド産アラビカブレンド)

元町の店舗では専用の石臼で毎日この豆を挽き、明治復刻コーヒーとしてお客様にご提供し大変好評を得ています。インド産のアラビカ種のみをブレンドし、深煎り焙煎に仕上げています。どっしりとしたコクと苦味がありながら、 豆の持つ深い味わい、コーヒーのうまみをお楽しみいただける当店の看板メニューです。おすすめの抽出方法はフレンチプレスで約3分半、じっくり抽出してください。

100g / 680 円(税抜)豆状・石臼挽き

商品の詳細へ

200g / 1,360 円(税抜)豆状・石臼挽き

商品の詳細へ

img

平左ェ門(豆生産国:コロンビア・ブラジル・ホンジュラス)

当店のライトブレンド。柔らかで果実味豊かな酸味を持つコーヒー豆を厳選いたしました。 嫌な酸っぱさを感じるコーヒーを飲んで、浅煎りタイプが苦手になった方も多いのでは?放香堂加 琲のライトブレンド平左ェ門は中浅煎りに焙煎してコクをだしながら飲んだ瞬間に広がる果実味、そ して鼻にぬける香りを楽しんでいただけるよう仕上げております。

100g / 680 円(税抜)豆状・石臼挽き

商品の詳細へ

200g / 1,360 円(税抜)豆状・石臼挽き

商品の詳細へ

img

友右ェ門(豆生産国:コロンビア・ブラジル・ドミニカ)

当店のマイルドブレンドとして幅広い方々に人気のブレンドです中南米産のコーヒーをベースとしており、豊かなコクと同時にほのかな甘味、程良い酸味の三つのバランスのとれた中煎りに仕上げてす。神戸・元町の店舗では、より甘味と酸味を活かすためにペーパードリップで提供しています。

100g / 730 円(税抜)豆状・石臼挽き

商品の詳細へ

200g / 1,460 円(税抜)豆状・石臼挽き

商品の詳細へ

img

喜左衛門 (豆生産国 コロンビア・エチオピア・インドネシア)

放香堂加琲のストロングブレンド。 インドネシアのスマトラ島で栽培された高級なアラビカ種であるマンデリンをベースにした贅沢なオリジナルブレンドです。濃厚で苦味・コクがあり独特の香ばしさもある重厚な味が特の深煎りブレンドです。

100g / 780 円(税抜)豆状・石臼挽き

商品の詳細へ

200g / 1,560 円(税抜)豆状・石臼挽き

商品の詳細へ

img

明治復刻深煎りブレンド「居留地」

ドリップバッグ
カップにのせてお湯を注ぐだけで、挽きたてのコーヒー豆の美味しさをお楽しみいただけます!神戸元町の店舗では手土産やご自宅用を問わず人気のドリップバッグです。

ドリップバッグでも一切手加減ナシ!! どっしりとしたコク、深みを重視し、酸味の少ないタイプです。厳選のインド産豆を独自にブレンド、存在感のあるコーヒーに仕上げます。日常のいつもの一杯はもちろん ギフトとしてもおすすめいたします!(1袋8g入り)

5袋 / 750 円(税抜)

 

商品の詳細へ

img

厳選ブラジル・サントスコーヒー「笠戸丸」

ドリップバッグ
カップにのせてお湯を注ぐだけで、挽きたてのコーヒー豆の美味しさをお楽しみいただけます!神戸元町の店舗では手土産やご自宅用を問わず人気のドリップバッグです。

ドリップバッグでも一切手加減ナシ!! 深煎りの「居留地」に対して、こちらは中浅煎りの香り重視の本格派サントスコーヒー。日本からブラジルへの最初の移民団を乗せ、神戸港を出港した船「笠戸丸」に ちなみ名付けたドリップバッグコーヒーです。使用する豆はブラジル産のみ。飲みやすいブラジルのコーヒー豆をストレートに感じていただけます!(1袋8g入り)

5袋 / 750 円(税抜)

 

商品の詳細へ

img

箱入り・ギフト(20P)

3,200円(税抜き)

商品の詳細へ

img

箱入り・ギフト(30P)

4,700円(税抜き)

商品の詳細へ

img

水出しアイスコーヒー(豆生産国:インドネシア・コロンビア・ブラジル)

当店の物販コーナーでも大人気の商品です。力強いコクと苦味が特徴の深煎り焙煎の豆を細挽きにしていま800cc~1000ccくらいの水に本袋1パックを入れて約8時間冷蔵庫でじっくりと抽出してください。大変上品な飲み口なアイスコーヒーが出来上がります。ご自宅で贅沢なアイスコーヒーがお飲みいただけます! ※水の量や抽出時間はお好みで試してみてください。本袋1パックでグラス約6~8杯とれますので、10袋なら約60~80杯分!

1袋(50g入り) / 500 円(税抜)

商品の詳細へ

送料について

ギフト商品の送料について

お届け先1件につき商品のお買い上げ金額が・・・

  • 5400円(税込)未満 → 送料540円
  • 5400円(税込)以上 → 送料無料
  • 代引き手数料324円
  • 代引き手数料10,000円(税抜)以上で無料

熨斗対応について

熨斗対応をご希望される方は、お問い合わせよりご連絡下さい。

 

この度は、私ども放香堂加琲のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

当店は日本で最古のコーヒー店として各メディア様、三省堂カタカナ辞典や東京書籍 中学校歴史の教科書などにてご紹介いただいております。

元々、宇治茶の里である京都府和束町の茶農家であった先祖が、神戸港の開港後茶の輸出を行う為に神戸にでたのが、現在の元町本店の成り立ちです。そして茶の輸出と同時にコーヒー豆の輸入も手掛け始めたのが、1878年(明治11年でございます。以後、コーヒーの文化は神戸に深く根ざしていくことになります。

私どもは、神戸の食文化の一つとしてのコーヒーをさらに全国の皆様に楽しんでいただきたいという思いで日々業務に取り組んでおります。

また取扱い商品に関してでございますが、弊店の看板商品である特製石臼で挽いた独特なコーヒー「印度産アラビカブレンド麟太郎」は大変好評をいただいております。神戸へ観光で来られた旅行客の方々がおみやげとしてご購入され、地元へ帰られた後も地方発送のお問合せをいただくことも多くございます。当ホームページが全国の皆様との懸け橋となれば幸いでございます。

和束貿易株式会社 代表取締役社長
岩端 正尚

 
img

2015年

10/16 神戸新聞夕刊1面にて当店の記事が掲載。
日本初のコーヒー店を開いたとされる「放香堂」が喫茶を復活させた旨の内容が紹介される。

img

10/21 毎日新聞夕刊1面にて当店の記事が掲載。
日本で初めてコーヒーを提供・販売した店とされる「放香堂」が喫茶コーナーを復活させて旨の内容が紹介される。

img

11/25 読売新聞朝刊において国内初のコーヒー店を開いたとされる「放香堂」が元町本店横でコーヒー店を復活させた旨の内容が紹介される。

img

12/3 産経新聞朝刊において、日本初のコーヒー店を開業した「放香堂」が神戸の元町にて再開した旨の内容が紹介される。

img

12/5 朝日新聞朝刊において、UCCコーヒー博物館(神戸市)によると店内で飲み物の形でコーヒーを提供したのは確認できる中では放香堂が最も古いのではないかとの館長の談話を含めた記事が掲載される。

img

12/24 日本経済新聞において、放香堂は1878 年から店舗でもコーヒーを提供した最古参の店として紹介される。

img

2016年

4/19 東京書籍発行の中学校教科書「新しい社会 歴史」内で放香堂が紹介される。

 

日本最古のコーヒー店  神戸・元町 放香堂

「日本で最古のコーヒー店」といわれる由来

約150年前の慶応3年(1868年)、時代は幕末、京都の近江屋で坂本竜馬が暗殺された年に神戸では新たに神戸港が開港され、諸外国との貿易の幕を開けました。

その頃、京都の茶の里である和束村で宇治茶の製造・卸を営み、松平家のお抱え商人であった放香堂は、明治7年(1874年)に現在の神戸元町商店街において宇治茶の小売り店を開店させました。また宇治茶の小売りと並行させてコーヒー豆の輸入も手掛け、明治11年(1878年)の讀賣新聞にコーヒーの販売および店内での飲用自由を謳った広告を掲載したのです。

これが「日本で最古のコーヒー店」といわれる由来となっています。当時の店前のにぎわいは、神戸市立博物館に展示されている明治15年発刊の木版画「豪商神兵湊の魁」が今に伝えています。当時使用していたコーヒー豆はインド産と伝えられていますが、この木版画に描かれているお店の看板にも「印度産加琲」とありそれを裏付けています。

ちなみにこの頃の「珈琲」は「加琲」と書かれており、当店のロゴもそれに倣っております。
日本で最古のコーヒー店として放香堂は、三省堂のカタカナ辞典や平成28年度版の東京書籍の中学校教科書にも紹介されています。

  • img
  • img
  • img
  • img

img

インドアビューで放香堂店内をご覧になれます。

和束貿易株式会社 (株式会社 放香堂100%出資子会社)

〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通3-10-6

TEL 078-321- 5454   FAX 078-331- 3824

代表取締役 岩端正尚

サイト運営責任者 橋本琢也

  • 販売業者:  和束貿易株式会社(わづかぼうえき かぶしきかいしゃ)
  • 代表取締役: 岩端正尚
  • 運営責任者:  橋本琢也
  • 住所 : 〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通3-10-6
  • 注文方法 : オーダーフォーム ,FAX
  • 商品の詳細: 名称、内容、価格など各ページに記載。
  • 商品代金以外の料金 : 送料、消費税、代引きの場合の代引き手数料
  • 送料:540円(税込)
    北海道:1,700円(税込)
    沖縄・離島:2,050円(税込)

    5,400円(税込)以上お買上げの場合は無料とさせて頂きます。
    尚、北海道へのお届けは商品お買い上げ金額5,400円(税別)以上の場合:1,160円(税込)、沖縄へのお届けは商品お買い上げ金額5,400円(税別)以上の場合:1,510円(税込)となります。
  • お引渡し時期: 通常お申込みより1週間以内。
  • 銀行振り込み(前払い)の場合はご入金確認後直ちに発送。
  • お支払方法: クレジットカード、代引き、銀行振り込み
  • 不良品:商品到着後10日以内にお問合せフォーム、メール、お電話にてご連絡をいただき、送料は当社負担にて良品と交換。
  • 返品: 食品類は原則として返品不可。
  • 返品送料:不良品→ 弊社負担
  • お客様のご都合による場合→ お客様ご負担
  • その他販売条件: 配送先は国内に限ります。
  • 屋号 : 放香堂コーヒー
  • 電話番号: 078-321- 5454
  • メールアドレス: info@hokodocoffee.com
  • ホームページアドレス: http://www.hokodocoffee.com
 

PAGE TOP